Doorkeeper

Rubyビジネス創出展2018

2018-07-20(金)10:30 - 17:30
Kosuke Hojo Syouta  Kitazaki 松下航平 吉岡 信吾 Hiroki Ishibashi たいら Kenichi SAKURAI Niikura Shozo Takashi Mizuguchi 平川隆仁 田中 康友 宮田薫 Yuichi Oishi 松岡 宏和 Yuichiro Irie Daigou Tokuda + 165人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

創出展チケット
無料
創出展+懇親会チケット
4,500円 会場払い

Rubyビジネス創出展2018

Rubyビジネスフォーラム改め、『Rubyビジネス創出展』を開催します。
多数のご参加をお待ちしております。

7月20日 いよいよSenStick3 予約受付開始! 当日会場で!!


 Rubyビジネス創出展 概要

開催日時:2018年7月20日(金)30分前から受付開始
     ◆創出展 10:30~17:20
     ◆懇親会 18:00~19:30 ※お時間変更になっています
開催場所:グランフロント大阪 北館C棟8階 カンファレンスルーム(フロア全体)
アクセスルート: https://kc-space.jp/accessmap/conference/towerc.html#jump
アクセスルート詳細: https://kc-space.jp/pdf/common/accessmap_conference_C.pdf

懇親会会場 : URGEグランフロント大阪
http://urge.bz/umeda/access/

会 費 :①セミナー・展示会  無料
     ②懇親会       4,500円(会場支払)
主 催 :一般社団法人Rubyビジネス推進協議会
内 容 :◆メイン会場
      ・11:00-12:00 基調講演 まつもとゆきひろ氏
      ・13:00-13:45 講演「Rubyビジネスを支援するOracle Cloudのご紹介」
              日本オラクル株式会社 Oracle Digital Sales Consultant
              宇賀神みずき氏
      ・14:05-14:45 スポンサーセッション(各10分)
              ①株式会社Ruby開発
              ②株式会社ネットワーク応用通信研究所
              ③ウェブチップス株式会社
              ④大分県
      ・15:15-15:35 講演「文科省人材育成事業:Rubyによるアジャイル開発セミナー報告」
              Ruby協理事/株式会社アジャイルウェア 代表取締役CEO 川端光義氏
      ・15:35-16:15 講演「変化に適応するための開発手法 〜 アジャイル開発入門」
              長沢智治氏
      ・16:35-17:15 講演「自立したRuby技術者を育てる - 万葉の新人教育の仕組み」
              株式会社万葉 代表取締役 大場寧子氏

     ◆セミナー・グループワーク(イベント会場①)
      ・13:00-15:30 Ruby協:SenStickグループワーク (事前予約制/公開募集なし)
      ・15:40-17:00 Ruby関西:Ruby初心者向けプログラミングセミナー (事前予約制)
              申込を開始しました 【申込みはこちらから】

     ◆セミナー・グループワーク(イベント会場②)
      ・13:00-14:30 Ruby協:mruby/cプレセミナー 初心者向け (事前予約制)
              申込を開始しました 【申込みはこちらから】
      ・15:50-17:20 Ruby協:mruby/cプレセミナー プロフェッショナル向け (事前予約制/公開募集なし)

     ◆展示・セミナー(展示・イベント会場)
      ・12:40-13:00 Ruby協:SenStick紹介セミナー
      ・13:45-14:05 レッドハット株式会社セミナー
              「プラットフォームにコードを投げ込むだけでサービスを運用する」
      ・14:45-15:15 リバティ・フィッシュ&デル:スモウルビー体験セミナー (事前予約制)
              申込を開始しました 【申込みはこちらから】
      ・16:15-16:35 準備中
      ★展示は複数あります

     
      ※ハッシュタグ #ruby-b

チラシはこちらから
 
 

 

 協力イベントのご案内

大阪Ruby会議01 2018年7月21日(土)
計測展2018Osaka 2018年11月7日(水)-11月9日(金)
 
 

 

講演者紹介


★まつもとゆきひろ
まつもとゆきひろ
Rubyの生みの親。通称、Matz
Rubyアソシエーション理事長、株式会社ネットワーク応用通信研究所 フェロー、
楽天株式会社楽天技術研究所フェロー、Heroku チーフアーキテクト,
株式会社VASILY技術顧問、Linkers株式会社技術顧問、島根県松江市名誉市民

 
★宇賀神みずき
宇賀神みずき
大手のクライアント企業のシステムを開発するSIerを経て、2018年に日本オラクルに入社。
クラウドによるビジネス加速を中堅企業に対して支援するオラクル・デジタルという部署で、セールスコンサルタントを担当。

・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・
講演内容:Rubyビジネスを支援するOracle Cloudのご紹介
講演概要:Rubyを利用している皆様は、「オラクル」と聞いて「『Oracle Database』の会社」というイメージしか無い方がほとんどかと思います。
しかし、現在、OracleはSaaS、PaaS、IaaSの各領域でクラウド・プラットフォームやサービスを提供しており、実際にOralce Cloudを活用してビジネスを促進されているお客様が多く存在しています。このセッションでは、Rubyビジネスをオラクルがどのように支援していくのかをお話します。
・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・

 

 
★長沢智治
長沢智治
ソフトウェア開発のライフサイクル全般を経験したのち、Rational Software, IBM, Borland にて開発プロセス改善のコンサルティングに従事。2007年よりマイクロソフトでテクニカル エバンジェリストとしてアジャイルやDevOpsを中心としたエバンジェリズム活動を実施。2014年より、アトラシアンのシニア エバンジェリストに就任。継続して開発現場やチームで活動する現場への働きかけや現場訪問を実施している。現在はアトラシアンを退社し企業の顧問、エバンジェリストとして活動。 2018年からアジャイルウェア顧問に就任。著書や監訳書、多数。

・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・
講演内容:変化に適応するための開発手法 〜 アジャイル開発入門
講演概要:これからのプロダクトは、時代や技術の変化に適応し続けなければなりません。ウォーターフォールに代表される全体計画ありきでのソフトウェア開発が難しくなってきました。そこで注目されて、実践されているのがアジャイル開発です。このセッションでは、なぜアジャイル開発なのか、アジャイル開発がどのように変化に適応していくのかを解説します。
・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・
 
 

 
★大場寧子
大場寧子
株式会社万葉 代表取締役社長。中学からプログラミングを始め、東京大学文学部卒業後、(株)ジャストシステム、ベンチャー企業、フリーランスを経て、2007年に万葉を設立。現役のRubyプログラマとして受託開発を続けている。Rubyアソシエーション評議員。著書『Ruby on Rails逆引きクイックリファレンス Rails 2.0対応』『たのしい開発 スタートアップRuby』。翔泳社IT人材ラボにて「ITエンジニアのしあわせな採用のために」というシリーズ記事を連載中。

・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・
講演内容:自立したRuby技術者を育てる - 万葉の新人教育の仕組み
講演概要:RubyやRuby on Railsを使ったプログラミングやアジャイル開発、チーム開発は生産性が高く、大きな価値がありますが、初心者にとっては学ぶべきことが非常に多いため、企業が初心者をRuby技術者に育てることは容易ではありません。本講演では、株式会社万葉で行っている新人教育の仕組みを紹介し、初心者が自立したRuby技術者に育っていくために準備したい環境について提言します。
・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・
 
 
 
 
★レッドハット株式会社セミナー
・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・
講演内容:プラットフォームにコードを投げ込むだけでサービスを運用する
     ~ Kubernetes時代のサービス開発とその運用~
講演概要:複雑化するCapfileの保守、Rubyの更新、ネイティブビルド時の謎エラー、サービス間通信のQoS…。そういった本質的でない仕事はプラットフォームに任せて、開発に集中しましょう!
・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・-・・・


 スポンサー

大分県大分県
Shirasagi株式会社ウェブチップス
NaCl株式会社ネットワーク応用通信研究所
Ruby-KansaiRuby関西
Rubydev株式会社Ruby開発

redhatレッドハット株式会社
SBcloud株式会社SBクラウド
libertyリバティ・フィッシュ株式会社
arcadiaアルカディア・システムズ株式会社
cse株式会社CSE

park株式会社パーク
CB中央ビジネス株式会社
benicベニックソリューソン株式会社
asnoアスノシステム株式会社
scm新日本コンピュータマネジメント株式会社
highsoft日本ハイソフト株式会社
ank株式会社アンクシステムズ
innet株式会社インネット
extech株式会社エクステック
fm.bee株式会社FM.Bee
creation株式会社クリエイション
mic株式会社経営情報センター
softas株式会社ソフタス
tecnoeye株式会社テクノアイ
pure株式会社日本ピュアシステム
amn株式会社アルメディア・ネットワーク

NTTコミュニケーションズ株式会社
ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合


 後援

近畿経済産業局
総務省近畿総合通信局
近畿情報通信協議会
大阪府
大阪市
堺市
島根県
一般財団法人Rubyアソシエーション
一般社団法人組込みシステム技術協会 近畿支部
一般社団法人和歌山情報サービス産業協会
京都コンピュータシステム事業協同組合
特定非営利活動法人軽量Rubyフォーラム
一般財団法人関西情報センター
一般社団法人徳島県情報産業協会
ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合

コミュニティについて
一般社団法人Rubyビジネス推進協議会

一般社団法人Rubyビジネス推進協議会

日本発のオブジェクト指向言語Rubyを学び活用する会

メンバーになる